矯正歯科で素敵な笑顔【歯の整列ドクター】

きれいな笑顔

歯が黄ばんでしまう原因

最近では、歯を白くするためのホワイトニング治療が、歯科医院で注目されています。この治療は、ホワイトニング剤を塗ることで歯を白くすることができます。 そもそも歯が黄ばんでしまう原因は、加齢によるものです。人間は年齢を重ねると、歯の内側にある象牙質が厚くなる性質があります。そして、その逆に表面のエナメル質が薄くなるので、見た目に黄色くなってしまいます。 その他にも、テトラサイクリン系の抗生物質を摂取することも要因です。この抗生物質は、歯に影響を与えて変色を起こす作用があります。母親が妊娠中に服用することで、子供の歯に影響が出ます。 上記は歯の内側で起こることなので、自分の力で改善することは不可能です。よって、歯の象牙質に薬剤を浸透させて白くすることができるホワイトニングの治療が有効といえます。

ホワイトニングを行う歯科医院の選び方

ホワイトニングを行なう場合は、きちんとした治療を行ってくれる歯科医師に頼りたいものです。ですが、世の中にはたくさんの歯科医院があるので、信頼できるところがどれか迷ってしまいます。 信頼できる歯科医院を選ぶポイントは、まずホワイトニングのメニューが豊富であるか確認すると良いです。ホワイトニングには、オフィスホワイトニングなど多くの種類があります。患者さんの好みや症状にあわせて、選ぶことが可能です。良くない歯科医院は、利益がある方法だけを押し付けてくる場合があります。なので、注意したほうがいいです。 その他の注意点は、ホワイトニングにかかる価格をきちんと説明してくれるところを選ぶことです。なかには、あれやこれやと諸経費を上乗せするところもあります。よって、追加費用はかからないか確認しておく必要があります。

Menu