矯正歯科で素敵な笑顔【歯の整列ドクター】

子供と大人で違う

子供の矯正ポイント

子供の矯正歯科では、大人が行う場合とは違う方法で歯並びを矯正します。特に子供の場合は歯が生えそろっていないことがほとんどで、顎のバランスもまだ成長途中となっています。そのため、矯正歯科では骨格の矯正と歯列矯正の二段階に分けて行われる場合がほとんどで、特に骨格矯正は6歳から10歳までの間に行うのが良いと言われています。もし子供の歯並びで気になる点があれば、できるだけ早めに矯正歯科へ足を運ぶのが良いでしょう。子供が矯正治療をする場合は、一度カウンセリングに行って、医師の印象やクリニックに行った感想を尋ねると良いでしょう。恵比寿にある矯正歯科も様々なタイプがあるので、幾つかのクリニックに足を運んでから決めるのも1つの方法です。

大人が行うメリット

大人が矯正歯科に行く場合は、既に永久歯が生えそろった状態で治療を始めるので、恵比寿の矯正歯科ではその人の骨格や歯並びの状況に応じて様々な装置を利用しながら矯正を進めていきます。大人の場合は人によって治療期間も異なりますが、治療をすることによって様々なメリットがあると言われています。歯並びが悪い場合、骨格にも影響がある人がほとんどです。身体の骨と繋がっている顎の矯正も同時にすることができる矯正歯科で治療をすることで、頭痛や肩こりなどの慢性的な症状が治る人もいます。他にも食事が美味しく食べられるようになったという人もいます。良い噛み合わせになることによってアンチエイジング効果もあるので、口内の健康だけでなく美容にも嬉しい治療といえます。

Menu